すべての記事

カスタムフィールドの管理

テーブル 3. 利用可能

Free

Professional

Business

Enterprise


概要

コラボレーターを除くすべてのユーザーは、アクセスロールで制限されていない限り、カスタムフィールド管理パネルを開いて使用できます。

Wrikeのカスタムフィールドを使用して、現在の作業に関連するさまざまなデータを保存できます。 ほとんどのユーザーはカスタムフィールドを作成でき、各フォルダー、プロジェクト、スペースに多数のカスタムフィールドを追加できます。 カスタムフィールド管理パネルには、特定の場所で使用可能なすべてのカスタムフィールドが表示され、それらすべてのフィールドの管理や新規フィールドの作成が可能です。

カスタムフィールド管理から、次の操作を実行できます:

  • 現在の場所で使用可能なすべてのカスタムフィールドを確認する

  • 現在の場所にカスタムフィールドを追加または削除する

  • カスタムフィールドのプロパティを編集する

  • 新規カスタムフィールドを作成する

カスタムフィールド管理パネルを開く方法

フォルダー、プロジェクト、またはスペースからパネルを開く

  1. 表示または編集したいカスタムフィールドのフォルダー、プロジェクト、またはスペースへ移動します。

  2. 右上隅の3ドットメニューボタンをクリックします。

  3. カスタムフィールドを管理を選択します。

テーブルビューからパネルを開く

オプション1:

  1. 表示または編集したいカスタムフィールドのフォルダー、プロジェクト、またはスペースへ移動します。

  2. テーブルビューに切り替えます。

  3. テーブルの左上隅のギアアイコンをクリックします。

  4. カスタムフィールドを管理をクリックします。

オプション2:

注意

このオプションは、フォルダーおよびプロジェクトのカスタムフィールド管理パネルを開く場合にのみ使用できます。

  1. 表示または編集したいカスタムフィールドのフォルダーまたはプロジェクトへ移動します。

  2. テーブルビューに切り替えます。

  3. 調整したいカスタムフィールドを含むプロジェクトやフォルダーを右クリックします。

  4. カスタムフィールドを管理を選択します。

カスタムフィールド管理パネルに表示される内容

パネルに表示されるカスタムフィールドのリストには、次のすべてのフィールドが含まれます:

  • 現在のフォルダー、プロジェクト、またはスペースに追加されたフィールド

  • 親フォルダー、プロジェクト、スペースから継承されtたフィールド

  • そのサブフォルダーおよびサブプロジェクトに追加されたフィールド

カスタムフィールド管理パネルには、次の情報が表示されます:

  • フィールド名

  • フィールドタイプ

  • フィールド作成日および作成者名

  • ソース:フィールドが追加された場所

    注意

    フィールドが追加されたプロジェクト/フォルダー/スペースは、それが表示されるプロジェクト/フォルダー/スペースと異なる場合があります。 例えば、フィールドが親フォルダー/プロジェクトに追加されると、それはそのサブフォルダー/サブプロジェクトのすべてに表示されますが、この場合そのソースは親です。

トップ