すべての記事

カスタムフィールドの共有

テーブル 4. 利用可能

Free

Professional

Business

Enterprise


概要

コラボレーターを除くすべてのユーザーは、アクセスロールで制限されていない限り、他のユーザーとカスタムフィールドを共有できます。

スペース、フォルダー、またはプロジェクトの共有者とは関係なく、カスタムフィールドを共有できます。 スペース、フォルダー、プロジェクト(およびそれらの全タスク)にアクセスできる人でも、カスタムフィールドが共有されていない場合は、その人はフィールドを見ることができません。

カスタムフィールドのデフォルトの共有設定は全員と共有ですが、この設定はいつでも変更できます。

カスタムフィールドの共有方法

  1. まず、カスタムフィールドを作成するか、既存のカスタムフィールドを編集します。

  2. フィールドプロパティのポップアップ下部にある共有者オプションをクリックします。

  3. フィールドにアクセスする必要があるユーザーまたはユーザーグループとフィールドを共有します。

  4. フィールドを作成する場合は作成をクリックし、既存のフィールドを編集する場合は保存をクリックします。

共有設定は、現在のフォルダー、プロジェクト、またはスペースだけでなく、このカスタムフィールドが表示されるすべての場所に適用されます。 フィールドへのユーザーの共有アクセスを無効にすると、作業スペース内のすべての場所でそのフィールドが表示されなくなります。

カスタムフィールドを共有した後の動作

カスタムフィールドの共有が意味することは、フィールドが表示されるフォルダー、プロジェクト、またはスペースにユーザーがアクセスできるかどうかにより異なります。

オプション1:データがあるフィールドをテンプレートとして共有する

フォルダー、プロジェクト、またはスペースが共有されるユーザーは次を実行できます:

  • フォルダー、プロジェクト、またはスペースの項目に入力されたフィールドデータを表示する。 

  • カスタムフィールドをテンプレートとして追加する(以下を参照)。

オプション2:フィールドをテンプレートとして共有する

フィールドが追加されるフォルダー、プロジェクト、またはスペースにアクセス権がないユーザーの場合、フィールドはテンプレートとして共有されます。 これらのユーザーは:

  • フィールドが追加されたフォルダー、プロジェクト、またはスペースにアクセスできません。 カスタムフィールド共有設定により、スペース、フォルダー、プロジェクトの共有設定が変更されることはありません。

  • 関連付けられたサブフォルダーやサブプロジェクトのカスタムフィールドは自動的には表示されませんが、テーブルの右側の+アイコンをクリックしてカスタムフィールドドロップダウンから選択することで、フィールドを追加できます。 フィールドを追加すると、サブフォルダー/サブプロジェクトのタスクに既に入力されたフィールドデータがこれらのユーザーに表示されます。

  • あなたのものと同じ名前やフィールドプロパティを持つカスタムフィールドを、これらのユーザー専用のフォルダー、プロジェクト、またはスペースに追加できます。 ただし、あなたのフィールドのセルデータは彼らにキャリーオーバーされません。

トップ