すべての記事

ファイルビューの使用

テーブル 20. 利用可能

Free

Professional

Business

Enterprise


概要

Professionalアカウント以上の正規ユーザーは、ファイルビューを利用できます。 ファイルビューのグリッドモードについては、Wrike for Marketersアカウント、またはWrike Proof アドオンを含むアカウントが利用できます。

リストとファイルビューのグリッドレイアウトの比較

ビューの右上隅にある現在のビューアイコンをクリックして、リストまたはまたはのグリッドのいずれかを選択することで、標準のリストレイアウトかグリッドスタイルのレイアウトかを切り替えることができます。

  • リスト:項目をリスト形式で表示します。 画面に多くを表示する必要があり、ファイルのタイトルおよびデータが最も重要である場合にこのビューを使用します。

  • グリッド:ファイルのサムネイルをグリッドのレイアウトで表示します。 ファイルのスモールバージョンの表示が必要で、ファイルのデータがそれほど重要でない場合にこのビューを使用します。 グリッドのサイズを調整して、より大きな画像、またはより多くのファイルを一度に表示することができます。

ファイルビューで並び替えを変更する

  1. ファイルビューのフォルダー、プロジェクトまたはスペースを開きます。

  2. ビューの左上にある現在の並べ替えオプション(フィルタリングオプションの右側)をクリックします。

  3. ドロップダウンリストから適用する並び替えオプションを選択します。

利用できる並べ替えオプションは以下の通りです。

  • 日付のアップロード

  • ファイル名(英数字で並べ替え)

  • タスクまたはプロジェクトタイトル

  • サイズ

  • ファイルのオーナー

ファイルビューでファイルをフィルタリングする

フィルターを適用して、ファイルビューで特定のファイルのみ表示することができます。

  1. ファイルビューのフォルダー、プロジェクトまたはスペースを開きます。

  2. ファイルビューの左上、フィルターアイコンの横にあるフィルターをクリックします。

  3. 右側にフィルターパネルが開き、フィルタリング条件となるフィールドを選択することができます。

利用できるフィルター

  • 承認中のファイル

  • レビュー中のファイル

  • ファイルタイプ

  • アップロード者

  • アップロード日

  • タスクの状況

  • タスクの担当者

  • タスクの期限

  • タスクの作成者

  • タスクのカスタムフィールド

ファイルが保存されている場所を開く

ファイルの保存場所は、ファイルビューから直接開くことができます。

  1. ファイルビューのフォルダー、プロジェクトまたはスペースを開きます。

  2. ファイルを右クリックします。

  3. 親タスクを開くまたはフォルダー/プロジェクトを開くをクリックします。

トップ