すべての記事

ユーザーグループ管理者

テーブル 10. 利用可能

Free

Professional

Business

Enterprise


概要

ユーザーグループ管理者は、ユーザーグループを管理できるアカウントのメンバーです(ただし、必ずしも他の管理者権限を持っている必要はありません)。

メモ

外部ユーザーとコラボレーターをユーザーグループ管理者にすることはできません。

グループ管理者は次のことができます:

メモ

グループ管理者は、必ずしも管理するユーザーグループのメンバーになるとは限りません。 管理者がユーザーグループに属していない場合、そのユーザーグループと何かを共有しても、それはグループ管理者とは共有されません(管理者をグループに追加しない限り)。

ユーザーとコラボレーターを編集/削除する権限を持つアカウントのオーナーとアカウント管理者は、ユーザーをグループ管理者にすることができます。 誰かを特定のユーザーグループの管理者にすると、そのユーザーはそのすべてのサブグループでも自動的に管理者権限を持ちます。

メモ

アカウント管理者は、拡張されたユーザー権限により、そのユーザーグループのグループ管理者でなくても、アカウント内の任意のユーザーグループを管理できます。 ただし、管理者権限の詳細の指定を使用して、アカウント管理者がユーザーグループを管理できないように制限することが可能です。

グループ管理者によるユーザーグループの管理方法

ユーザーグループ管理者は、設定ユーザーセクションに追加のセレクターがあり、すべてのグループと管理するグループのリストを切り替えることができます。

セレクターを表示する手順:

  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。

  2. ドロップダウンから設定を選択します。

  3. 左側のパネルのユーザーをクリックすると、アカウントのすべてのユーザーおよびグループのリストが開きます。

  4. グループのリストの上にあるドロップダウンをクリックします。

  5. すべてのグループを選択すると、アカウント内のグループの完全なリストが表示され、管理するグループを選択すると、自分が管理者になっているグループが表示されます。

    メモ

    管理するグループビューには、グループとそのサブグループの階層構造は表示されません。 代わりに、単純なリストだけが表示されます。

トップ