すべての記事

自分が作成したアイテム

テーブル 3. 利用可能

Free

Professional

Business

Enterprise


概要

[自分が作成したアイテム]は、アカウント登録時に個人専用スペースに自動的に作成されるWrikeのスマートフォルダーです。 ここには次のものが含まれます:

ヒント

フォルダー内にこれらのタスクの一部が表示されない場合は、適用されているフィルターを確認してください。

メモ

タスクは自動的に[自分が作成したアイテム]に追加され、既存の項目を手動でこのフォルダーに追加することはできません。 ただし、新規タスクを作成することはできます。

[自分が作成したアイテム]からタスクを作成する

[自分が作成したアイテム]では、タスクはバックログとして作成され、担当者なしで、常に初期設定のワークフローの最初の有効な状況を取得します。

  1. 個人専用スペースに進み、[自分が作成したアイテム]フォルダーをクリックします。

  2. タスクリストの上に表示される+新規タスクをクリックします。

  3. タスクのタイトルを入力します。

  4. キーボードのEnterを押します。

タスクが作成され、[自分が作成したアイテム]のリストの先頭に追加されます。 また、[共有されたアイテム]フォルダーにも自動的に追加されます。

メモ

[自分が作成したアイテム]フォルダーを終了すると、並べ替えの設定に応じてリスト内のタスクの位置が変わる場合があります。

[自分が作成したアイテム]ビューをカスタマイズする

  • タスクをフィルタリングして有効タスクのみ、期限切れタスクのみ、またはすべてのタスクを表示できます。

  • 優先度、日付、変更日、作成日、状況、重要度、またはタイトルでタスクを並べ替えできます。

  • [自分が作成したアイテム]内で一括処理を使用することで 、同時に複数のタスクを迅速に編集できます。

トップ